国益を守り真実を語り
誠心を尽くすことに
休日なし
  • ■真正保守の側が、自然体で自ら信じる正論を堂々と主張できる風土をつくるため、平成15年に放送を開始した日曜討論は12年目を迎えました。
  • ■この番組は、第1回放送より、毎週日曜日に欠かすことなく放送され、地場・福岡において前例のないユニークな社会派番組として、その地位を確立してきました。
  • ■そこでこの度、放送のあゆみや支える会のあゆみ、出演者一覧、リスナーの声、また今まで出演して下さいました皆様のご意見等を集大成しましたので、公開させていただきました。
  • ■本来ならば出演者全員のお声を掲出させていただくところですが、とりあえず事務局で厳選させていただきましたことをご容赦願います。
  • ■ご覧になる場合は上記の項目をクリックしていただければ目的のメッセージに到達いたします。この情報を正しい歴史認識の糧にするのみならず国益に適う政治判断の指針にしていただければ幸甚の極みです。

スタジオ日本 日曜討論 番組のお知らせ
<はじめに>
 平成15年10月に放送が開始されたスタジオ日本 日曜討論は、毎週日曜日10:00~12:30の生放送ですが、平成22年11月からインターネット・ユーチューブでアーカイブ視聴できるようになりました。
 なお、初回から平成22年10月までの7年と1ヶ月に亙るラジオ・コミュニティFM時代のアーカイブ放送は平成24年4月に公開されました。

<次回放送の番組です>
シリーズ名
日本人の心をつくる日本語を探る
日本再発見・本篇第107弾 全6回

放送予定日
平成28年9月11日~10月16日
(平成28年9月11日・18日・25日、10月2日・9日・16日)

放送時間
日曜日 10:00~12:30

番組の趣旨
 人類は有史以前から力による支配を繰り返してきました。先の世界的な戦争を経て力による抑え込みと軍事大国のバランスにより、何とか和平を実現したかに見えましたが、近年、大国間の力のアンバランス、諸民族のテロの拡大となり、再び全世界的に和平のバランスが崩れてきています。

 このような時代に、神話の時代から数千年に亙り、大きな和をもって、営々と平和な国を築いてきた日本。その日本を育んできた「日本人とは何か」を振り返ることは、日本人としておおいに意義があることではないでしょうか。では、大きな和を実現してきた日本人、その日本人が持つ心情はいったいどこからきているのでしょうか。

 日本人は虫の音を愛でる心情を持ち合わせていますが、西洋人には虫の音は雑音としてしか聞こえないそうです。そもそも脳は、左脳と右脳でその機能処理分担をしているということがわかっています。ある研究によると、日本人と西洋人では脳の処理に違いがあると言われています。日本人は左脳での処理が優位で、西欧人は右脳での処理が優位となるそうです。日本人と西欧人の脳処理の違いは脳自体の優劣ではなく、脳に「選別スイッチ機構」があり、自動的にこれらの音を切替える働きをするそうです。その働きには、母語のもつ母音が大きな役割を持ち、日本語はその母音に特徴を持つといわれています。

 つまり、日本人独特の心情、情動をつかさどる脳においては、日本人固有の特色があり、それは、日本語によって作られるのです。日本人の場合は、理性的なものと感情的な人間の声すべてと自然界の音とが一緒になったものが、いわゆる「日本人の心」と解釈されています。では、日本人独特の心情、情動を作る日本語は、何からつくられるのでしょうか。

 言葉は、そこの土地に住む人間が、その土地の自然環境を感じ取り、音として発音してきたものが、意思疎通の言語として発達したものであることから、日本語は日本の自然環境によりつくられたということができるのではないでしょうか。

 このシリーズでは、日本人そのものといえる日本語、ならびにこれに関連する事項について討論し、伝統的な本来の日本人を取り戻すために、現代の日本人が大事にすべきことを、視聴者の皆様と考えていきたいと思います。





<全ての番組が視聴できます>

 今まではバーチャルな世界に年中無休の番組図書館を建設してまいりましたが、これからは空中からの来館者に24時間無料で視聴していただけるサービスを提供してまいります。

 ご希望の番組の「出演者」や「表題」または「語彙」を入力し、検索してください。表示された番組のタイトルをクリックして頂きますと、該当する放送が視聴できます。


<後援団体のお知らせ>
 平成15年10月に開始されたこの番組は平成17年4月に日本会議福岡の後援を受けることになりました。日本会議福岡は誇りある国づくりを推進するために平成10年10月に設立された民間の国民運動団体です。詳しくは下記ホームページをご覧下さい。
後援団体 日本会議福岡 ホームページ

<支える会からのお知らせ>

Back to Top