国益を守り真実を語り
誠心を尽くすことに
休日なし
  • ■真正保守の側が、自然体で自ら信じる正論を堂々と主張できる風土をつくるため、平成15年に放送を開始した日曜討論は12年目を迎えました。
  • ■この番組は、第1回放送より、毎週日曜日に欠かすことなく放送され、地場・福岡において前例のないユニークな社会派番組として、その地位を確立してきました。
  • ■そこでこの度、放送のあゆみや支える会のあゆみ、出演者一覧、リスナーの声、また今まで出演して下さいました皆様のご意見等を集大成しましたので、公開させていただきました。
  • ■本来ならば出演者全員のお声を掲出させていただくところですが、とりあえず事務局で厳選させていただきましたことをご容赦願います。
  • ■ご覧になる場合は上記の項目をクリックしていただければ目的のメッセージに到達いたします。この情報を正しい歴史認識の糧にするのみならず国益に適う政治判断の指針にしていただければ幸甚の極みです。

スタジオ日本 日曜討論 番組のお知らせ
<はじめに>
 平成15年10月に放送が開始されたスタジオ日本 日曜討論は、毎週日曜日10:00~12:30の生放送ですが、平成22年11月からインターネット・ユーチューブでアーカイブ視聴できるようになりました。
 なお、初回から平成22年10月までの7年と1ヶ月に亙るラジオ・コミュニティFM時代のアーカイブ放送は平成24年4月に公開されました。

<次回放送の番組です>
シリーズ名
ロシア革命100年を問う
日本再発見・本篇第106弾 全6回

放送予定日
平成28年7月31日~9月4日
(平成28年7月31日、8月7日・14日・21日・28日、9月4日)

放送時間
日曜日 10:00~12:30

番組の趣旨
 皆さん、来年は、何の年か知っていますか?平成29年は、西暦では2017年ですが、100年前におこった大事件を思い出して下さい。

 大正6年、1917年、時は欧州大戦の真直中で、当時の常識を覆す大事件が起こりました。それまでは、イメージの世界でしか語られなかった「平等社会」、いわゆる共産主義の社会が、現実に権力実体(国家)として登場したのです。これが後年いわれる「ロシア革命」です。

 当時のインテリと称される人達は、この衝撃を幸いなこととして好意的に受け止めました。何よりも米国がことのほか、いわゆる「革命」の成就に情熱をかけました。これはジョン・リードの著作にもあるように熱狂的とすら言えるものでした。

 しかし、世界の大部分が好感をもって受け止めた訳ではありません。そもそも、こうした暴力革命という手段で政権を奪取し、反対する人を国内外問わず抹殺していくような政府が近世の社会に一体あったでしょうか? 未開の地ならともかく、近代ヨーロッパの一角にかくなる方法で建国された国ほど、多くの人に不安を与えたものはありませんでした。

 歴史が証明しているように、いわゆる「労働者の祖国」は、僅か79年で自壊しました。これを冷戦を戦った自由主義陣営の勝利と見なす人もいますが、実際は、反「民主」、反「自由」、反「人権」をうたい文句にした独裁国家、人工国家が辿った避けがたい末路だったのです。

 建国以来2676年の悠久の歴史を持つわが国は、太古の昔から、民主、自由、人権が公にされ、和を以て貴しとなす国民国家です。こうして考えると、人工的な理屈と虚偽と詐術にまみれたプロパガンダによってしか求心力を持ちえない擬制国家ほど、わが国の歴史、伝統、文化とほど遠いものはありません。

 来年のロシア革命100年を祝う人は皆無に近いと思います。歴史はここに正気を取り戻したのです。しかし、再び変種がうぶ声をあげないように、ロシア革命に続く諸般の事例の矛盾点をあげながら、このシリーズを放送させていただきます。





<全ての番組が視聴できます>

 今まではバーチャルな世界に年中無休の番組図書館を建設してまいりましたが、これからは空中からの来館者に24時間無料で視聴していただけるサービスを提供してまいります。

 ご希望の番組の「出演者」や「表題」または「語彙」を入力し、検索してください。表示された番組のタイトルをクリックして頂きますと、該当する放送が視聴できます。


<後援団体のお知らせ>
 平成15年10月に開始されたこの番組は平成17年4月に日本会議福岡の後援を受けることになりました。日本会議福岡は誇りある国づくりを推進するために平成10年10月に設立された民間の国民運動団体です。詳しくは下記ホームページをご覧下さい。
後援団体 日本会議福岡 ホームページ

<支える会からのお知らせ>

Back to Top